車の買取額は距離に加えて年数にも左右される

車の買取額は、距離とは大きな関係があります。もちろん多くの距離を走った車の方が、買取額は厳しくなる事が多いのです。
ところでその距離は、使用年数とも大きな関係があります。

年数の割に距離が短い車は高く売れる

0-76例えばある車の走行距離が、7万キロだとしましょう。そしてAさんの場合は、その車の使用年数が8年前後だとします。さらにBさんの場合は、使用年数が5年前後だとしましょう。

ではAさんとBさんのどちらの方が買い取り金額が高めになるかと申しますと、Aさんですね。Aさんの場合は、少なくともBさんよりは使用年数が長い訳です。

にもかかわらずBさんと同じくらいの距離なのですから、車の買取店としては「年数の割にはあまり長く走っていない」と考える訳です。それが高く評価されて、Bさんよりは出買い取り金額が高くなる傾向があります。

つまり車の金額というのは、単純に走行距離だけで判断される訳では無いのです。距離以外にも年数などの複数の要素を考慮して、最終的な金額が算出される事になります。

1年間で1万キロを超えていると金額が低めになる

0-931つのボーダーラインとしては、1年間につき1万キロです。例えばBさんのように使用年数が5年なのであれば、5万キロが1つの目安になります。5万キロ位以内の車であれば比較的高めな金額が付きますが、それ以上の走行距離になっているとちょっと金額が厳しくなってくる訳です。もちろん上記のAさんの場合は、8万キロが1つの目安になります。

もちろん1年1万キロというのは、あくまでも1つの目安ではあります。しかし少なくとも「私の場合は過走行車か」を判断する基準の1つにはなるでしょう。Bさんのように5年保有していて、なおかつ6万キロの車であれば、ちょっと過走行とも判断できるからです。

走り屋の方々にオススメのお店

車をお持ちの方の中には、走るのが大好きな方々もいらっしゃいます。いわゆる走り屋と呼ばれる方々ですね。
その方々の場合は、車の改造などを行っている事も多いです。ですので走り屋の方々は車買取業者を利用するのであれば、業者選びは大切なポイントと言えるでしょう。

走り屋の車は専門店がオススメ

そもそも走り屋の方々は、チューンナップをしている事も多いですね。走行音なども、ちょっと独特な状態になっている事もあります。一般的な車に比べると、やや派手な音が鳴る車も多いですね。それとサスなども、やはり改造が行われている事が多いようです。
そのような車の場合は、やはりディーラー店には売却しない方が良いでしょう。ディーラー店というのは、改造されている車を敬遠している傾向があります。一般的には純正パーツが付属している車の方が高く評価されますので、ディーラー店には持ち込ま無い方が良いと思いますね。
走り屋がお持ちの車の場合は、やはり専門店が良いと思います。カスタマイズされている事が多い訳ですから、改造車専門店の方が高く売れる傾向があるからです

専門店が良い理由と走行距離

それともう1つ理由があって、走行距離の問題があるのです。そもそも走り屋の方々の場合は、かなり使い込んでいる傾向があります。と言う事は、車の走行距離も必然的に長くなりがちなのですね。ディーラー店は、やはり走行距離が短い車を敬遠している傾向があります。
それに対して専門店の場合は、多少距離が長い車でも高く買い取ってくれる事も多々ありますので、やはりディーラーよりも専門店の方が良いと思います
ただし、稀に例外もあります。ディーラーによっては専門店よりも高い値段をつけてくれる事もあるので、ディーラー店と専門店の両方で査定を受けるのが良いですね。